冷蔵庫の運搬が安い業者の探し方

冷蔵庫の運搬が安い業者の探し方

冷蔵庫 運搬

冷蔵庫 運送

冷蔵庫 運ぶ

冷蔵庫 輸送

冷蔵庫 移動

 

家の中にある家電で1番運ぶのが大変なのは冷蔵庫だと思います。
どうみても1人では持てそうにない大きさ、そして100s近くある重さ、掃除の時にちょっとずらすという作業すらも出来ませんね。

 

そんな大きくて重い冷蔵庫の運搬をしてくれそうな業者をお探しですか?
冷蔵庫を運べるのは、大手の運送会社か便利屋、そして引越し業者です。
できるだけ安く運んで欲しいと思うなら、一番競争のある業者がオススメです。

 

宅配業者で冷蔵庫などの大きな家財の運搬が出来るのはほんの数社です。郵便局のゆうパックなどは大きな家財は取り扱っていません。
便利屋は家の中や近くなら運んでくれますが、遠方であれば取り扱いがないかものすごく高額になる可能性があります。
便利屋の料金形態は時間制だからです。

 

宅配業者・便利屋・引越し業者。この中で1番数が多いのは、引越し業者です。
冷蔵庫の運搬費用が安くなる可能性があるのは引越し業者です。

 

しかも引越し業者は一括見積もりが出来ますので、相場や最安値の業者を見つけるものも簡単です。
引越し業者に冷蔵庫だけ運んでもらうという人は実は多くて、引越し業者も大きな家財だけを運ぶサービスがあります。

 

冷蔵庫 送る

 

一括見積もりには、大手から地元の引越し業者まで200社以上が参加しています。
あなたのお住いの住所に対応できる引越し業者、最大10社からの見積もりを取ることが出来ます。

 

まずは一括見積もりをしてみて、引越し業者・宅配業者・便利屋などどこに依頼するか決めるというのはいかがでしょうか?
ぜひご活用ください。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しの時期と費用の相場

 

冷蔵庫運搬相場

 

引越しの費用は、荷物の量と引越し距離が同じであれば1年中いつでも同じというわけではありません。
引越しは3月が1年で一番件数が多く、この時期はどこの引越し業者も猫の手も借りたいほど忙しいので割引がほとんどありません。

 

この時期は繁忙期と呼ばれ、引越しの価格は通常期に比べて高く設定されています。
もし引っ越し時期にこだわりがないのであれば、3月前後の繁忙期は避けた方がいいです。

 

繁忙期にしか引越しできないようであれば、引越しの準備を早くスタートさせるのが1番良い方法です。

 

引越し業者は沢山ありますが、繁忙期は引越しをしてくれる業者が見つからないという事態もあり得ます。
新居が決まったらすぐに、複数の引越し会社に見積もりを依頼してください。

 

まだ余裕のある時期なら複数の業者から見積もりが届きますが、ギリギリになると1社のみ、最悪0社ということもあり得ます。
繁忙期の引越しはスピード勝負ですので、とにかく業者をおさえてしまいましょう。

 

繁忙期に引越しが集中する理由は、大学への進学・会社の就職・春の人事異動での転勤などが新学期がスタートする4月に間に合うようにと一斉に移動するからです。
これらに該当する人たちは避けようがありませんので、もしこの時期にこだわらないのであれば通常期に引越ししましょう。

 

 

引越し費用を安くする方法

 

冷蔵庫運搬相場

 

引っ越し費用を少しでも安くしたいのであれば、まずは条件を見直ししてみませんか?
引っ越し費用は荷物の量が多くなるほどして高くなりますので、引越し前にできるだけ捨てたり、あげたり、売ったりして処分してください。

 

引越し日でも土日祝日は仕事を休まずに引越しできるという方が多いため人気があります。
そのため平日に比べると土日祝日の引越し費用はやや高めです。
同じ様に大安も人気がありますので、出来ることなら平日に引越ししましょう。

 

さらに午前と午後であれば、午前中の引越しが人気です。
朝から動いて早く新居に荷物を運び入れて、あとはゆっくり荷解きしたいですよね。
引越し業者は午後便や時間を指定しないフリー便であれば、割引ができるかもしれません。もし急いでいないならこちらをご利用ください。

 

引越しを手伝ってくれる友人知人が多いなら、トラックと運転手だけ(チャーター便)を手配するという手もあります。

 

引越しのなかでも費用かかる遠距離引越しは、同じ方面に運びたい荷物がある人と一緒に運んでもらう混載便なら安くなります。
ただし荷物が少なめであること、日数がどのくらいかかるかわからないことなどちょっと不便な面もあります。
引越しの条件で変えられるところがあれば、ぜひ検討してみてください。